<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
天空に舞う夢見るは瓶の中
f0024090_17404955.jpg


>>>
[PR]
by calligraphy_m | 2010-09-23 15:04 | 墨(象) | Comments(10)
夏の日がくるりんくるりん秋の日に
f0024090_22511617.jpg


>>>くるりんがりふれいん
[PR]
by calligraphy_m | 2010-09-21 18:16 | 墨(和) | Comments(2)
ハニワ氏も胃もたれするか夏疲れ
f0024090_173187.jpg


>>>
[PR]
by calligraphy_m | 2010-09-17 19:23 | 墨(象) | Comments(0)
彼方から新涼呼ぶ声カモも啼く
f0024090_16422187.jpg


>>>
[PR]
by calligraphy_m | 2010-09-12 16:27 | 墨(象)
足回せ晩夏の富士は見えずとも
f0024090_19164923.jpg

気分転換に引っ越しを考え、各所徘徊していましたら、うだうだと低空飛行のまま着陸不能になり、気がつけば9月に突入。はぁ、相変わらず夏の勢力が張り出して秋はどこへやら、ふぅふぅと息絶え絶えとなりつつも、なんとか出力機能を上げてお礼かたがた、近況報告など。

日比谷パティオでの個展は8/31をもって無事終了。
暑い中、わざわざ足を運んでくださった方々、どうもありがとうございました。
ノートに足跡残してくださった方々、どうもありがとうございました。
個人情報という壁が立ちはだかり、住所を書いていただけなくて、お礼状を差し上げることができないのが残念です。
どうぞご自由にと置いていた栞は、全部捌けました。140個ほど作ったのですが、途中、なかなか補充に行けず、栞がなかったよーというタイミングの悪かった方、申し訳ありません。
いずれまたこんな企画ができたらいいなぁとおぼろげながら考えております。

先日は、富士山エコサイクリング_■とやらに参加しまして、120キロ自転車でちゃりちゃり。
去年はファミリーの部で忍野八海を長閑にちゃりちゃりしてましたが_■今年は発奮して120キロ!どうなのどうなの?走れるの?と8月は熱中症にかかるんじゃなかろうかと心配になりながらもサイクリングサイクリングヤッホーヤッホー♪ 奥多摩湖まで往復150キロに挑戦してみたり、牧馬峠(牧歌的な名前の峠にも関わらず斜度12%の標識アリの激坂。もちろん撃沈。降りて歩きました。)に挑戦してみたりと、トレーニングを重ねて、多少の自信も得て120キロに挑んでみましたが...
前半は下り基調、高原の風を感じて鼻歌まじり。朝霧高原の牛たちの清々しい匂いにも快調快調と足をくるくる回します。
が、後半に出てくるふたつの長い長い、永遠に続くかと思うほどのだらだらだらとだらけた上りには案の定苦戦いたしました。「子どもの国」手前の坂は本当に長かった。篭坂峠も本当に長かった。頭の中はすこーんと思考が途絶え、淡々と坂を上ることだけに集中して、足を回しました。
ええ、ええ、練習のカイアリ、降りて歩くことなく完走!よかったよかった。
残念だったのは、富士山の裾野を一周するサイクリングなので、富士山はどこかで見えるはずと思っていましたが、雲に隠れて拝めず仕舞い。唯一、帰りの車の中で、バックミラー越しに見えたのが救いではありました。

そんなこんなで、ようやくトレーニングから解放されました。当分自転車はご遠慮いたします...とただいま燃え尽き症候群。我が足をまじまじと見れば、筋肉隆々の太もも&ふくらはぎが創造されて、いったい私はこれからどこへ向かおうとしているのか...皆目検討がつかないことになっています。この筋肉をどうするべきか指針をもらおうと、ただ今読んでいるのが「走ることについて語るときに僕の語ること」。マラソン歴やタイムなど比べるのはおこがましいほどですが、ウンウンと頷く事多々、膝をペシペシ叩いて読んでます。

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

村上 春樹 / 文藝春秋


[PR]
by calligraphy_m | 2010-09-07 18:21 | 墨(象) | Comments(8)


Top

呼吸するように書く
by calligraphy_m